ノブのブログ

日々の雑感を綴ります。

MacBook ProとiMac

  今年は完全にMacユーザーに返り咲いた年となりました。思い返すと、1996年まで過ごした大学生時代、僕の傍らには必ずマックがありました。当時の愛機は、PowerBook 1400。メモリを大幅にグレードアップした中古品を知人から購入して、1999年でしたか、完全にハードディスクが壊れて起動しなくなるまで、それはもう使い倒したものです。

f:id:Zest:20181205025418j:image

  当時、インターネットが一般家庭に普及し始めたばかり。電話回線接続のネットは、今思うと考えられないくらいの速度。通信もよく途絶えてましたね。それはそれはストレスフルな環境でした。でも、Macに触れる愉しみがありました。クラリスワークスでしたか、文書作成用のソフトの使用感とフォントの美しさに感動を覚えたものです。

 

  二代目のノートパソコンは、PowerBook G3でした。アメリカ留学中でしたので、学割を効かせて通販で購入。英語のOSとキーボードでしたが、日本語入力ソフトか何かをどこかで入手して、長い間使っていました。

f:id:Zest:20181205025604j:image

  ところが、あれよあれよという間に、世間ではWindowsがシェアを拡げていきます。所属していたアメリカの大学機関に設置されていたPCのほとんどがWindowsに。プリンター等の機器もWindowsのみに対応。Macが使えるのは、アート系の学部だけだったと記憶しています。そのうち、友人知人とのファイル交換の際に、僕だけがMacユーザーということでレイアウトや文字化けなどの支障が出てきました。当時は互換性の面で現在以上の問題がありましたから、PowerBook G3の後は、泣く泣くWindowsのノートパソコンを購入。ついにMac派から離脱したのです。というわけで、2005年以降、Macユーザーではなくなりました。

 

  そして2013年夏。MacBook Proを購入。きっかけは、Scrivener という当時Mac版しか存在しなかった特に長文の文書を作成するのに便利なソフトとこれまたMac版しか存在しないOmniFocus というタスク管理ソフトを使用し始めたことです。とはいえ、職場の都合で、デスクトップのメインPCは、長年Windowsでした。

f:id:Zest:20181205102025j:image

  そして今年、いよいよデスクトップもMacに切り替えることにしたのです。購入したのは、iMac 27インチ5K Retinaモデル。

f:id:Zest:20181205031901j:image

  僕の携帯はiPhone なので、まぁこれが便利だこと。MacBook ProiMaciPhone、そしてiPadの全てがシームレスに繋がります。MacBook Proは、OSのアップデートに伴い作動がかなり遅くなったので、久しぶりに自前で作業をすることに。メモリを増設し、HDからSSDの省エネバージョンに取り替えました。

 

  今では20年前と同様に、どっぷりアップルに染まった生活を送っています。いずれ備忘録として、メモリ等のアップグレードの手続きについては、このブログに書いておこうと思います。

 

  Macに親しんでいた生活からWindowsを使用し始めた時に、カクカク感というか、なんとも言えない使用感を覚えたのですが、その当時の違和感を思い出しました。不思議なものですね。離れていたからこそ、なおさらMacの存在と使用感に愛着を感じる日々です。なにより、ひと昔前に僕が使っていたMacよりかなり進化していますから、触れる愉しみも倍増しています。

 

  と、書き終えて思ったんだけれど、このブログエントリーは、今週のお題ですね。僕にとってはiMacということで。今週のお題、初参加です!