ノブのブログ

日々の雑感を綴ります。

僕は amazarashi に出会いました


amazarashi 『あんたへ』

 

  つい先日のことです。友人たちと音楽の話をしていました。僕は、Mr. Children の大ファンなので、歌詞がいいよね、深いよねと、お気に入りの曲はどれでなぜそれがいい曲なのかとか、熱く語り合っていました。

 

  すると、amazarashi が大好きだという友人が口を開きました。僕は、その聞きなれないアーティスト名に、「ん?」、となったのですが、複数名の友人が彼に同調し始め、やれ世界観が堪らないだとか、歌詞がすごいパワーをもっているなどと、騒ぎ始めました。

 

  まったく、本当にまったく何も知らなかったので、取り残されてる感を猛烈に感じながら、なんとか友人たちの話を追っていて、ようやく僕が発した言葉が・・・

 

「そ、その、アザラシとかいうやつ、どの曲がいいのよ?」

 

「馬鹿にしてんの!?」(ほぼ全員に睨まれました・・・)

 

「あ、いや、なんだっけ、アザラシじゃなくって、なんだっけ?」

 

「amazarashi!!!!!これ、まず聴いてみてよ」

 

  と・・・携帯で聴かせてくれたのが、『リビングデッド(検閲済み)』という曲。

 


amazarashi 『リビングデッド(検閲済み)』Music Video | 新言語秩序 テンプレート言語矯正プログラム

 

  またまた、「んっ?」となってしまいまして、その曲の意味、意義、聴かせてくれた理由を、精一杯理解しようとしたのですが、放心状態。すると、友人たちが、ひとつひとつ丁寧に説明してくれました。YouTubeの公式チャンネルがあることから、一曲一曲もいいけれど、アルバム全体を通して聴いた方がいいよだとか、相当の情報量を一気に頭に詰め込んでくれました。そして、俄然興味が沸いた僕は家路へ・・・。

 

  帰宅して、YouTubeの公式チャンネルに登録されている曲をすべて視聴しました。缶ビールと酎ハイを飲みながら、しっかり歌詞を噛みしめながら・・・いや~、圧倒されました。

 

  この amazarashi の秋田ひろむさん、詩人ですね。それもすごい才能。嫉妬するほどの言語感覚。ものすごいメッセージ性、社会風刺と社会批判の力、それらをこれ以外の表現はないだろうというほど適切に言葉に変えて楽曲にしてしまうセンス。強いメッセージ性がありながら、聴き終わったあとに感じる清涼感がハンパない。

 

  虜になってしまいました。

 


amazarashi 『エンディングテーマ』Real Time Face Mapping Music Video

 

  音楽っていいですね。amazarashi を知る前と後は、世界観や人生観、変わりそうです。友人たちに、感謝!

 

  さて、アルバムを買うことにしよう。