ノブのブログ

日々の雑感を綴ります。

純日本製のラム酒: ルリカケス

f:id:Zest:20181219013743j:image

  1979年から発売されているという日本初のゴールド・ラム。ルリカケス(Rurikakesu)。

 

  鹿児島県奄美群島・徳之島の高岡醸造で造られています。サトウキビのみが原料で、3回の蒸留を行なった後、オーク樽で熟成させるという一品。

 

  先日これが僕の手元に届きました。1.8Lの大瓶です。海外の有名なブランドと違って、このルリカケスは比較的安価なので、コストパフォーマンスが抜群。しかもレビューもかなり良かったので、衝動買いしちゃいました。

 

  ラム酒と言えばダーク・ラムのロン・サパカ23を最近飲み始めたばかりで、この種のお酒についてはあまり詳しくありません。ですから正直なところゴールド・ラムと言われても、色が薄い程度の違いしか頭に浮かびません。

 

  ロン・サパカ23同様、ストレートでいただくことにしました。ワクワクしながらグラスに注ぎ、香りを確認。ほんのりした甘い香り。人工的ではない自然の香り。牧草のような、植物的な香りですね。

 

  今夜のパイプたばこのチョイスは、Planta - Cellini forte。パイプはピーターソンのシステムスタンダード314を手に取りました。

 

f:id:Zest:20181219030049j:image

 

  今宵もパイプを燻らせます。着火後ボールの火が安定させたところで、パイプ・スモーキング開始。ルリカケスをそっと口に運びます。

 

  思ったほどしつこくない甘さです。40度ですから当たり前ですが、口に含むと舌に程よく感じるピリッとした辛さが先行します。ロン・サパカ23より、一口目は舌先へのパンチがありますね。でも、二口目以降はそれが消えていきます。

 

  一口目から、後味として、しつこくない、とはいえ十分な甘さと奥行きのある旨味が残ります。へ〜っ、これいいじゃん。ダーク・ラムのロン・サカパ23に慣れてきたとあって重厚な甘さにうっとりしつつパイプ・スモーキングというのが日課だったのですが、このルリカケスは、いい意味であっさりしてるため、たばこの味と衝突しません。

 

  個人差はあるでしょうが、特に着香系のパイプたばこには、ルリカケスの方がマッチするかもしれないなぁ、と思いました。口の中のパイプたばこの味を邪魔しない風味なのです。これは好印象。

 

  ストレートでも甘みが濃厚過ぎないので、結構なペースで飲もうと思えばいけちゃいそうな感じ。パイプ・スモーキングをするからこそ、ゆっくり、ゆったり愉しめそうです。僕はこのルリカケス、好きですね。日本製ラム、なかなかやるじゃないですか。

 

  しばらくは、このルリカケスとロン・サパカ23が、パイプ・スモーキングの友を務めてくれそうです。

 

最近ハマってるYouTubeチャンネル

 f:id:Zest:20181215011531j:image

  ここ数ヶ月、特にYouTubeの面白さが分かってきて、とりあえず興味があるチャンネルを登録しまくっています。ずいぶん前からYouTubeを利用してはいたのですが、洋楽のPV観たり、読書やパイプ・スモーキングのBGMを再生したりと、主に「ながら」再生がメインでした。たまに文具の紹介番組や万年筆の動画を観てたくらいかなぁ。特定のチャンネルにハマっていたわけではなかったのです。

 

  そんな僕ですが、ここ数ヶ月、ついにハマってしまったのです。特にドキュメンタリーものとか歴史を扱ったものとか、陰謀説を解説したものとか、少々マニアックになるのですが、オカルトやUMA、UFOを扱うチャンネルとか。いや〜、これ楽しいですね。本当にいろんな人たちが、いろんな情報を発信しています。

 

  最近のお気に入りは、Naokiman Show。これ面白い!アメリカのシアトルで18年間過ごし、現在日本に住んでる方のチャンネルです。彼の放送スタイルが抜群に気に入りました。登録者50万人突破しています。どうしたらそこまで到達するんだろう、と思いますよね。観てみるとわかります。知的好奇心をくすぐるコンテンツ。軽快なおしゃべりと声の良さ。発信されている情報はきちんと調査されていて、偏りが感じられず、中立的な印象。惹きつけられます。下にサンプルの動画を貼っておきますね。

 


運命ってあるの?不思議な出来事5選!!

 

  YouTubeを観ていると、これをここで発信する必要ある?って思ってしまうしょうもないコンテンツもかなりの数存在するのですが、同時に、すごい人っているなぁ、と感心する素敵なチャンネルもあるんですね。チャンネルの登録者数が相当数いて再生回数がハンパない数になると広告収入が凄いんだろうなぁ。YouTubeでチャンネル開設してコンテンツ発信なんて、僕には到底できることではありませんが、知名度を上げて事務所に所属してる方とか、羨ましい限りですね。一方で、このネット社会では、コンテンツの斬新さやトピックやテーマの選定の巧妙さがユーザーの反応に大きく影響するし、またユーザーの反応も時とともに大きく変動するので、発信する側も大変だろうなぁ、と考えたりします。

 

  しかし、すごい時代ですね。テレビやラジオの存在や位置づけが、今後どのように変化するのでしょうか。興味深いところです。

純米酒七本槍(シチホンヤリ)に酔う

f:id:Zest:20181207021841j:image

 

  帰宅途中、行きつけの小料理屋に立ち寄りました。数ヶ月ぶりです。牡蠣が入ったよ〜というマスターからのLINEに、ついついのってしまった形です。僕が、この時期の牡蠣に目がないことを熟知していらっしゃいます。

 

  入店後、カウンターの定位置で小話をしながら生ビールを数杯。まずは鰹と地ダコの刺身をいただきました。そして、生と炙った牡蠣をたらふくいただいたのですが、久しぶりに来たのだから飲んだことのない日本酒なんてどう?、なんて勧められたので、それでは!、とお任せで注文。

 

  純米酒七本槍です。ただの七本槍ではありません。にごり酒バージョン。季節(冬季)限定の品です。これがうまいのなんの、酒粕の風味が大好きなので、この手のにごり酒は個人的にストライク。あと味もすっきり。キリッとした喉ごしで、いや〜、マスターにしてやられました。

f:id:Zest:20181207023131j:image

  冬季限定の活性にごり酒を瓶燗火入れで一度だけ熱処理したものとか。甘すぎず辛すぎず、絶妙な味わいでした。滋賀県のお酒ですね。素晴らしいお酒です。ただ、僕は日本酒は、あまり飲めません。昨夜も一杯だけ。

 

  七本槍を一杯いただきながら、常連さん数名が入店されてきたので、再会を喜びあいつつ、焼酎モードへ。僕のキープボトル魔王(一升瓶)が三分の一ほど残ってたので、4人で空けちゃいました。店を出る前に、『村尾』という焼酎と『明るい農村』の古酒バージョンをロックでいただき、帰宅路へ。

f:id:Zest:20181207025437j:image

f:id:Zest:20181207025448j:image

  日本酒は、ここ一年くらいかな、多少嗜むようになったのですが、いいですね〜。僕が長年親しんできた焼酎や泡盛の世界とは、まったく異なる世界。奥行きを感じます。愉しくて、美味しい夜でした。